\ おすすめの投資本をまとめました /詳しくはこちら

【重要!】投資の入口と出口戦略から考えるインデックス投資・高配当株投資

どうも!かぶきち(@kabukichi_fire)です。

かぶきちは、インデックス投資と高配当株投資を組み合わせて投資しています。

なぜ、インデックス投資と高配当株投資を組み合わせる二刀流の投資スタイルをとっているのか…?

結論から言いますと、インデックス投資未来に備えるお金(老後資金や教育資金)高配当株投資今を楽しむお金(趣味や娯楽に使ってOK)という位置づけで組み合わせて投資を行うことで、今も未来も両方豊かにしていきたいと考えているからです。

そこで、今回はインデックス投資と高配当株投資から考える投資の入口と出口戦略についてお話をします。

かぶきち

投資はあくまで手段に過ぎません。投資の入口と出口を考えながら資産形成をすることは非常に大事です。

この記事はこんな人におススメ
  • インデックス投資に興味がある
  • 高配当株投資に興味がある
  • 自分に合った投資スタイルがまだ確立できておらず、悩んでいる
投資の入口と出口戦略
インデックス投資の入口と出口
  • 入口簡単:積立設定すればOK
  • 出口難しい:資産の取り崩しが難しい
高配当株投資の入口と出口
  1. 入口難しい:購入タイミングの見極めが難しい
  2. 出口簡単:配当金で利益確定
バランスのとれたおすすめの投資スタイル
  • インデックス投資(未来のお金)高配当株投資(今のお金)の二刀流
  • 未来もバランスよく豊かにできる
目次

インデックス投資の入口と出口戦略

インデックス投資は、入口は簡単で出口が難しい投資です。

インデックス投資の入口戦略:おすすめはドルコスト平均法による毎月積立

インデックス投資とは、市場の動きを示す指標(インデックス)に連動する成果を目指す投資手法です。インデックスに連動した投資信託金額指定で積立買付することができますね。一度積立設定すると、あとはほったらかしで手間が掛からないのが良いです。

ドルコスト平均法のメリットも享受でき、初心者にもおススメです。ドルコスト平均法とは、価格が変動する金融商品を常に一定の金額で、時間を分散して定期的に買い続ける王道の投資手法です。

価格が低いときの購入量は多くナシ、価格が高いときの購入量はすくなくなります。つみたてNISAとの相性抜群ですね。

かぶきち

ちなみに、かぶきちは楽天証券・SBI証券・マネックス証券のクレカ決済15万円分のS&P500に連動した投資信託(eMAXIS Slim米国株式S&P500)を毎月購入しているよ。

よめきち

よめきちも、楽天証券のクレカ決済5万円分を毎月積み立て購入しています。

インデックス投資の出口戦略:4%ルールによる資産の取り崩し

インデックス投資の最大のデメリットは、利益確定(売り時)が難しいことです。再投資をすることで、複利もきいてどんどん資産は増えていきますが、なかなか取り崩すことができません

株は買い時より売り時が難しいとよく言われますが、まさにその通りです。個人的には、老後に使い切れないほどの資産をかかえたまま、この世を去ることになるんじゃないかな…?と思っています。

じゃあ、インデックス投資でFIREはできないか?といえば、そうではありません。トリニティ大学が発表した4%ルールを実践できれば、可能です。

4%ルールとは、年間支出の25倍の資産を築き、その資産を年利4%を取り崩しても、取り崩し額の範囲内で生活を続ければ、資産が目減りすることなくFIRE生活ができるという法則です。

かぶきち

4%という数字は、アメリカの一般的な株価の成長率7%から物価上昇率3%を差し引いて算出されているよ。

しかし、年間支出の25倍の資産を築くのはかなりハードルが高いです。例えば、年間支出400万であれば、資産1億円を築く必要があります。

さらに、資産形成中、インデックス投資は資産額は積み上がっていきますが、今の生活が良くなっている実感がなかなか持てません

よめきち

年間支出の25倍の資産を築くのってかなりハードル高いから、25倍の資産を築く前に資産を取り崩すことになりそう。減り続ける資産を取り崩していくのは心理的に耐えられないかも。。

高配当株投資の入口と出口戦略

高配当株投資は、入口が難しく出口が簡単な投資です。

高配当株投資の入口戦略:おすすめは利回りが高くなったときに投資

インデックス投資とは異なり、高配当投資は購入タイミングの見極めが必要なアクティブ投資です。株価が下落し、利回りが高くなったタイミングで一括投資するのが理想です。

しかし、投資初心者にとって、株価が下がったタイミングで一括投資するのは非常に難しいです。

なので、まずは少額から購入してみて経験を積んでいくのが良いかと思います。

かぶきち

かぶきちはコロナショックで下落したSPYDやHDVといった高配当株ETFを一括で購入したよ。

よめきち

あの頃はものすごい勢いで買い進めていてびっくりしたけど、今は良い感じの利回りになってて大正解だったね♡

高配当株投資の出口戦略:配当金は完全な不労所得

配当金は、企業が利益確定を自動でやってくれたお金。株を保有するだけでもらえる完全な不労所得です。

正直、効率よく未来のお金を増やしたいなら、税金面からインデックス投資が最適解だとは思います。

しかし、インデックス投資を続けても、いつまで経っても「今」の生活は良くなりません。

投資に回せば回すほどお金は増えますので、今のお金も使って、もっともっと投資したいという感情が湧いてきてしまいます。なので、今の時間も大切にしているかぶきちは、意識的に配当金は今を豊かにするお金と割り切って再投資せずに思いっきり使っています

過去に配当金を使って、ディズニーホテルのミラコスタアンバサダーに宿泊したり、箱根旅行に行ったりしました。

よめきち

今も未来もバランスよく豊かにしていきたいね。

かぶきち

だから、インデックス投資と高配当株投資の二刀流は非常にバランスの取れた投資手法だと思っているよ。

おすすめの投資スタイルはインデックス投資+高配当株投資

インデックス投資の入口と出口
  • 入口簡単:積立設定すればOK
  • 出口難しい:資産の取り崩しが難しい
高配当株投資の入口と出口
  1. 入口難しい:購入タイミングの見極めが難しい
  2. 出口簡単:配当金で利益確定
バランスのとれたおすすめの投資スタイル
  • インデックス投資(未来のお金)高配当株投資(今のお金)の二刀流
  • 未来もバランスよく豊かにできる
かぶきち

インデックス投資と高配当株投資それぞれ一長一短あります。なので、両方行うことで今も未来もバランスよく豊かになり、おススメですよ。では、また!!

投資・サイドFIREについて、何から始めたらいいかわからないこれから勉強したいという方のために、投資初心者、投資中級者、インデックス投資、高配当株投資それぞれケース別におすすめの投資本としてまとめました!よかったら、こちらの記事もぜひ覗いてみてくださいね。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
Contents
Top
目次
閉じる